毒草一覧次の花
パパイヤ


おなじみのトロピカルフルーツ、パパイヤです。未熟果は抗炎症薬や消化薬の製薬原料にされています。見かけは木ですが内部組織は木質化していないため、大きくなる草の仲間とされています。


毒草名  パパイヤ(Papaya)、乳瓜木(ちちうりのき)
学 名  Carica papaya LINN.
特 性  パパイヤ科 パパイア属、ハワイ産が甘い雌雄異株の常緑高木
花 期  3〜11月、周年。果期:5〜12月
毒部位  未熟果、葉、汁液
成 分  パパイン、カルパイン
症 状  皮膚炎、ただれ、胃腸炎


 

一時、パパイヤエキスはダイエットやアトピー皮膚炎に効果があるとされ注目されましたね。

 



 

雄花です。



鳥の足のような形をした葉です。大きくなります。

 

≪MEMO≫
・実は繊維質でビタミンCとAを豊富に含んでいる。
・パパイヤ酵素は美白効果があり、果肉・葉でハーバルソープ。
・お父さんが嫌いな果物....。
・果実がぶら下がっているのが雌株。
・種はスパイスとして利用される。


毒草一覧 次の花


TOPinformationBBS